ディーラーに頼む強み

まずマイカーを修理するにあたり、業者に依頼するのか、自身で手掛けるのかを判断する必要があります。それぞれに良さがあります。
第一に予算が真っ先に思い当たる壁だと思います。傷の個所や大きさが違うだけで修理の方法や使用する道具、材料が違うので同じような傷の大きさでも同じ金額かというとそうでもないことが多いです。
また業者に頼む場合であればどこに頼むのが安価に済むのか選択肢が多いことも良し悪しです。自身で納得いく予算で修理をしてくれる業者がすぐに見つかればいいですが納得いくまで何件も声をかけ見積もりを取りに足を運ぶのはかなりの時間を要する懸念があります。

次に上記でもあげましたが「時間」も検討する材料になってきます。業者に依頼する場合は1日で完了しないこともあります。
自社の修理場ではなく外注へ依頼をすれば1週間~2週間程度かかることもあります。修理車両を長期間預けることが可能かも1つのポイントになってきます。
最後に修理後の仕上がりレベルを気にかける必要があります。業者に依頼する場合仕上がりに対しての説明があるかは重要な部分です。予算や技術レベルによっては出来ること出来ないことがあります。そこの説明があるかは業者さんの話をしっかり聞き不明な点は必ず聞くようにした方がいいでしょう。前途しましたが選択肢がたくさんある故に技術力の高低差はでてくるでしょう。
また自身で修理する場合は傷の大きさ、箇所、凹みの有無で判断をする必要があります。傷の大きさは大きい程に難易度が高くなるので線傷で約3㎝、こすり傷で約2cm四方程度が1つの目安にしてもいいでしょう。
傷の個所は自身での修理経験が少ないのであればボディ下部の目立たないところから経験を重ねるのがよいでしょう。凹みを伴うと補修の難易度はかなり高くなります。経験値の浅い方はなるべく避けたほうがよいでしょう。

マイカー修理のメリット見極めポイント

社名の入った大きな看板、ガラス張りの建物に光が反射して眩しい展示されたイチオシ車、建物の中にはキリッとした出で立ちの営業マン。特にディーラーに馴染みのない方にはなんとも敷居の高さを感じてしまがちですね。ですがディーラーには自社メーカー車だからこそ発揮できる強さがあるのです。

修理経費、マイカーへの愛着

大好きな車に傷が、かっこ悪いなぁ、この傷見た人はなんて思うんだろうと一刻も早く修理に着手したい。でも業者に持っていくには次の休日まで待たなくてはいけない、持って行っても先約のあるお客さんが先になって返って来るまでに時間がかかってしまう。また費用の目安も素人には見当がつきにくいことが多くて不安な方。

お得さは費用だけでは計れない各々のメリットを見直そう

これまで価格、仕上がりレベル、時間、マイカーへの愛着に着眼点をおきメリットを記述してきました。大体の方はここまででどちらが自身にとってお得なのかの判断はついているころかもしれませんね。ここではもう一歩踏み込んだあなたの背中を押すお得をお話しします。